ENGLISH

ニュース&イベント

お知らせ

2017/09/13

IRCMS 1F ミーティングラウンジで、医学系研究科修士・博士課程の学生さんへの講義を行いました。

2017/01/04

韓国KAISTの共同研究者であるピルハン・キムのラボから、ソヨンさんがリサーチインターンシップの学生として2ヶ月間滞在します。彼女は、もともと生物学畑の出身ですが、ピルハンラボで自作共焦点レーザー顕微鏡を駆使して、マウス内の生命現象の生体イメージングに従事している大学院生です。熊本滞在中には、ラボ内の仕事のみならず、熊本の特徴ある様々な文化を楽しんでもらいたいと思っています。写真は、新年会&ソヨンさんの歓迎会を催した時のものです。
img_3047

2016/12/25

私たちの研究室では、いわゆる生物学的な手法を使った直球的な研究から、様々な分野の考えや手法を取り入れた変化球的研究など、幅広い視点や方法を駆使して医学や生物学にアプローチし、最終的にはそれを社会に還元する研究を目指しています。可能な時間や希望にあった作業に従事しいただき、単なるアルバイトではなく、何かを学びとっていただく時間としても機能するよう配慮したいと思います。

2016/08/18

当研究室では、技術補佐員を募集しています。 少しでも興味を持たれた方は、西山でご連絡下さい。勤務時間等、出来るだ柔軟に対応します。
詳しくはこちらをご参照下さい

2016/07/09

生命動態CRESTの研究員(研究代表者:三浦岳 教授@九州大学、「からだの外でかたちを育てる」を募集しています。ご興味のある方は、とりあえず西山までご連絡ください。詳しい応募情報はこちら。研究員募集2016(生命動態CREST 「からだの外でかたちを育てる」)

リサーチ

2017/09/17

大阪大学Dhisa先生,鈴木先生らのreview articleがCancer Scienceに受理されました。西山は、生物学的側面からお手伝いさせていただきました。

Cancer Sci. 2017 Sep 11. doi: 10.1111/cas.13395. [Epub ahead of print]
Study On The Tumor-Induced Angiogenesis Using Mathematical Models.
Suzuki T, Minerva D, Nishiyama K, Koshikawa N, Chaplain MAJ.

2017/09/02

神戸で行われたMolecular Cardiovascular Metabolic Conference (MCMC)でポスター発表を行いました。発表内容は、The title is a reconstitution assay system using mouse primary vascular cells for the understanding of angiogenic morphogenesisです。
poster

2017/08/31

西山が、KAISTのPilhanラボにしばらく滞在し、血管新生のin vivoイメージングに関する共同研究を行いました。週末には、助教のKibekと大学院生のSoyeonに大田近郊の観光地に連れて行ってもらいました。実験を含め、Pilhanを始めとしたPilhanラボのメンバーには滞在中大変お世話になりました。ありがとうございました。
また、一度我々のラボを訪れてくれたInjunラボのJee Myangには素敵なランチのセッティングを企画してもらい、Pilhanラボのメンバーと一緒にランチを楽しむ
ことができました。ありがとうございました。また、Gou Yang Kou教授には多忙の中、ディスカッション、ランチに付き合っていただき大変感謝しております。

2017/08/25

The 15th Japana-Korea Joint Symposium on Vascular Biologyにて、招待講演を行いました。講演タイトルは、Reconstruction of the roles of pericyte and blood flow in angiogenesis on chipで、講演後多数の共同研究のオファーを頂きました。ありがとうございました!
写真は、ポスターアワード受賞者です。
KVSMO2017_Poster

2017/08/11

2年に一度、Salve Regina大学でおこなわれているAngiogenesisをトピックとしたゴードンカンファレンスに参加しました。今年のチェアであるShahin Rafiiのバックグラウンドが色濃くでた会でした。主要参加メンバーはある程度固定されていますが、最新のトピックを聞くことができいろいろと勉強になりました。
grc_photo_2017_angiogenesis.jpggrc_photo_2017_angiogenesisver2

ラボイベント

2017/07/24

医学部3年生の基礎演習の発表会にて、5月から配属されていた曽根崎さん、渡真利さんが研究発表を行いました。微小流体デバイスを使った血管新生解析系で、それぞれ血管新生におけるずり応力、内腔圧の影響という最新のトッピクに関しての研究を発表してくれました。二人とも素晴らしい発表で、聴衆からたくさんの質問が出ました。写真は、応援に駆けつけた研究室員の花田さん、有馬さんとともに、その終了後にとったものです。二人とも、一仕事やり終えた感が溢れています。

2017/01/18

我々の共同研究者でもある名古屋市立大学の植村先生が、HIGOプログラのセミナーに訪れました。最新の自身のデータに関して時間いっぱいお話しいただき、講演後の議論が盛り上がりました。セミナーのホストであった、南敬先生の研究室の新年会ともあわさり、植村先生と夜遅くまで懇親の場を共有することができました。

2017/01/04

韓国KAISTの共同研究者であるピルハン・キムのラボから、ソヨンさんがリサーチインターンシップの学生として2ヶ月間滞在します。彼女は、もともと生物学畑の出身ですが、ピルハンラボで自作共焦点レーザー顕微鏡を駆使して、マウス内の生命現象の生体イメージングに従事している大学院生です。熊本滞在中には、ラボ内の仕事のみならず、熊本の特徴ある様々な文化を楽しんでもらいたいと思っています。写真は、新年会&ソヨンさんの歓迎会を催した時のものです。
img_3047

2016/12/23

IRCMS施設内では、毎週木曜日に若手研究者のリサーチプレゼンテーション(WIM)が行われています。その中で、我々の研究室の有馬勇一郎さん(循環器内科・特任助教)が、最も質問をした若手研究者に送られるThe Best Questioner of the Year 2016を受賞しました! おめでとうございます。この勢いで研究も頑張りましょう!

161222_figure

2016/12/20

有馬さんが、お台場の科学未来館で行われた第5回CREST’生命動態’の領域会議で、シュートプレゼンテーション及びポスター発表を行い、見事優秀賞を受賞しました。CREST領域内各チームの様々な優れた研究者からの研究発表があった中、見事、皆様に評価され受賞に至りました! 共同研究者の皆様の強いサポートがあってのことであり、この場をかりてお礼を申し上げます。このまま、論文まで突っ走りましょう!
img_2518