ENGLISH

トップページに表示

2017/07/24

医学部3年生の基礎演習の発表会にて、5月から配属されていた曽根崎さん、渡真利さんが研究発表を行いました。微小流体デバイスを使った血管新生解析系で、それぞれ血管新生におけるずり応力、内腔圧の影響という最新のトッピクに関しての研究を発表してくれました。二人とも素晴らしい発表で、聴衆からたくさんの質問が出ました。写真は、応援に駆けつけた研究室員の花田さん、有馬さんとともに、その終了後にとったものです。二人とも、一仕事やり終えた感が溢れています。

2017/01/18

我々の共同研究者でもある名古屋市立大学の植村先生が、HIGOプログラのセミナーに訪れました。最新の自身のデータに関して時間いっぱいお話しいただき、講演後の議論が盛り上がりました。セミナーのホストであった、南敬先生の研究室の新年会ともあわさり、植村先生と夜遅くまで懇親の場を共有することができました。

2017/01/04

韓国KAISTの共同研究者であるピルハン・キムのラボから、ソヨンさんがリサーチインターンシップの学生として2ヶ月間滞在します。彼女は、もともと生物学畑の出身ですが、ピルハンラボで自作共焦点レーザー顕微鏡を駆使して、マウス内の生命現象の生体イメージングに従事している大学院生です。熊本滞在中には、ラボ内の仕事のみならず、熊本の特徴ある様々な文化を楽しんでもらいたいと思っています。写真は、新年会&ソヨンさんの歓迎会を催した時のものです。
img_3047

2016/12/23

IRCMS施設内では、毎週木曜日に若手研究者のリサーチプレゼンテーション(WIM)が行われています。その中で、我々の研究室の有馬勇一郎さん(循環器内科・特任助教)が、最も質問をした若手研究者に送られるThe Best Questioner of the Year 2016を受賞しました! おめでとうございます。この勢いで研究も頑張りましょう!

161222_figure

2016/12/20

有馬さんが、お台場の科学未来館で行われた第5回CREST’生命動態’の領域会議で、シュートプレゼンテーション及びポスター発表を行い、見事優秀賞を受賞しました。CREST領域内各チームの様々な優れた研究者からの研究発表があった中、見事、皆様に評価され受賞に至りました! 共同研究者の皆様の強いサポートがあってのことであり、この場をかりてお礼を申し上げます。このまま、論文まで突っ走りましょう!
img_2518

前の5件≫